« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月 アーカイブ

2012年11月07日

柏崎マラソン

スタッフの大塚です。

第10回柏崎マラソンが10月28日(日)、柏崎市陸上競技場を発着点にして行われました。大会は過去最多の2,405人が参加。有森は10キロのゲストランナーとして出場し、途中からハイタッチでランナーを応援しました。

開会のご挨拶。
PA281532.JPG

マラソンの部をハイタッチでお見送り。
PA281551.JPG

10キロの部で有森も勢いよくスタート!
PA281555.JPG

PA281556.JPG

あいにくの雨。カッパを着用しながらの応援。
PA281569.JPG

表彰式ではプレゼンターをしました。 28種目中8種目で11人が大会新記録を出しました。登録の部男子マラソン1位の上條 晃良さん 2時間21分51秒の大会新記録でした。

PA281576.JPG

有森が代表理事をする、NPO法人ハート・オブ・ゴールドへ寄付金の贈呈。ありがとうございました。
PA281577.JPG

2012年11月09日

日本スリーデーマーチ

スタッフの大塚です。

第35回記念大会日本スリーデーマーチ(東松山市)は第35回記念大会日本スリーデーマーチは、2日(金)~4日(日)東松山市で開催されました。好天に恵まれた3日間で、大会参加者は延べ12万3658人で過去最多になりました。
1日目 和紙の里・武蔵嵐山ルート、2日目 吉見百穴・森林公園ルート、3日目 都幾川・千年谷公園ルートで、3日間ルートを変えて歩きます。午前6時から、50キロ、30キロ、20キロ、10キロ、5キロのコースごとに出発し、有森はスターティングゲストとして50キロと30キロの部の出発式に参加しました。その後もステージで参加者に声を掛けながら激励をしました。

たくさんの児童たちも参加。エイエイオーの掛け声でスタートです♪
12-11-02_005.jpg

2012年11月12日

久米南町保健福祉大会兼文化講演会

スタッフの大塚です。

久米南町保健福祉大会兼文化講演会が11月3日(土)文化の日に久米南町文化センターで開催されました。午前の記念講演会は演題「よろこびを力に・・・」で講演をしました。
IMG_8221.JPG

午後の保健福祉大会は久米南中学校のグラウンドで「有森さんと走ろう!」と題して運動指導を行ないました。
PB031570.JPG

幼稚園児から大人まで幅広い年齢層の方々にご参加いただきました。
PB031571.JPG

PB031574.JPG

PB031575.JPG

腕を振らずに走るとどれだけ走りにくいかの体験。
PB031576.JPG

PB031580.JPG

笑顔で記念撮影です。
PB031594.JPG

2012年11月16日

シティマラソン福岡2012

スタッフの大塚です。

「シティマラソン福岡2012」が11日(日)、ヤフードームを発着点にして行われました。出場した6994人の市民ランナーたちは雨上がりの博多湾沿いで、心地よい走りを楽しみました。大会は、ハーフマラソン、5キロ一般、5キロ車いすの3種目の選手たちがコースの一部を一緒に走るのが特徴のシティマラソン。 有森はゲストランナーとして5キロ一般に出場しました。スタート前から声を拳を上げてランナーたちを鼓舞。レースが始まると何度も引き返して選手に声をかけ、最後尾のランナーと一緒にゴールしました。ケニア出身でシドニー五輪男子マラソン銀メダリストのエリック・ワイナイナさんは10キロに出場し、途中、給水のサービスなどをするなど大会を盛り上げました。

九州朝日放送に出演中。
P1011603.JPG

5キロのスタート。
PB111613.JPG

ゴール向かうランナーに声援。
PB111634.JPG

お楽しみ抽選会。
PB111641.JPG

PB111644.JPG

2012年11月19日

天草マラソン大会

スタッフの大塚です。

第7回天草マラソン大会は18日(日)、天草市の本渡運動公園陸上競技場を発着点とする日本陸連公認コースでフルとハーフの2種で、県内外から過去最多3589人のランナーが晴天の天草路を駆け抜けました。

開会のご挨拶。
PB181533.JPG

フルマラソンの部スタート。(有森は10キロ地点まで走りました)
PB181540.JPG

PB181541.JPG

PB181546.JPG

ハーフの部スタート。「元気よくがんばりましょう!」っと気合の掛け声をかけて!
PB181550.JPG

PB181551.JPG

表彰式ではプレゼンターをつとめました。
PB181552.JPG

リクルートランニングクラブ時代のチームメイト(後輩)の熊本県出身の旧姓、足達美香(中央)と息子の拓磨くんとの記念撮影♪
mika.JPG

2012年11月21日

お台場EKIDENフェスティバル2012 参加者募集!

スタッフの大塚です。

秋も深まり、いよいよランニングシーズン到来!
2012年12月15日(土)にお台場・潮風公園“太陽の広場”をメイン会場としたランニングイベント「お台場EKIDENフェスティバル2012」が開催されます。
都心の新たなランニングスポットとして注目を集めるお台場で、会社の同僚、仲間、そして家族…5人1組で1人5kmずつ走って“タスキ”をつなぐ「駅伝」にチャレンジして、1人だけでは味わえない喜び・驚き・感動…を参加者全員で分かちあうことを目的としています。子どもや家族でも楽しめる「キッズラン」「親子ラン」に加え、会場では盛りだくさんです。

ゲストは、有森をはじめ、高橋尚子さん、ビーチバレーを引退したばかりの朝日健太郎さん、体操界やトライアスロン界など他のスポーツ界からもオリンピアンが参加します!

■お台場EKIDENフェスティバル2012
開催日:2012年12月15日(土)
会場:都立潮風公園“太陽の広場”(東京都品川区東八潮1丁目2番)
コース:お台場エリア特設5kmコース
参加種目:【駅伝】1チーム5名×5周(1周=5km)小学校5年生以上の男女
○男子の部 ○女子の部 ○男女混成の部
【キッズラン】個人(1. 5km)小学校1~4年生までの男女
【親子ラン】親子2人組(1. 5km) 未就学児~小学校4年生までの男女と、その保護者
参加費:【駅伝】2万円/チーム 【キッズラン】1000円 【親子ラン】1500円
募集定員:【駅伝】700チーム 【キッズラン】200人 【親子ラン】200組
※各種目定員になり次第、締切
※応募は12月3日(月)まで

2012年11月25日

神戸マラソン

スタッフの大塚です。

第2回神戸マラソンの受け付けが23日(金・祝)、神戸・ポートアイランドの神戸国際展示場で行われ、同展示場で関連イベント「神戸マラソンEXPO2012」が開幕しました。
テープカットには、有森も出席しました。
075.JPG

077.JPG

EXPOでは、大会主催イベントとして、午前と午後のトークショーに出演しました。
084.JPG

その他、アシックスブースでもトークショーを行いました。MCは浅利そのみ(左)さんです。
087.JPG

オリンピック出場時の思い出やエピソード、初フルマラソンに参加する上での注意、フルマラソンにチャレンジするための心構えなどについて話しました。
093.JPG

最後は、プレゼントじゃんけん大会!
098.JPG

会場にはオリンピックメダリスト、君原健二さん、高橋尚子さん、野口みずきさん、有森等のオリンピックで使用したシューズも展示されていました。
095.JPG

2012年11月26日

大阪マラソン

スタッフの大塚です。

24日(土)、EXPO会場のインテックス大阪で、「大阪マラソン2012」チャリティサポーターとして有森が、古田敦也さんとトークショーとオークションに出演しました。チャリティー活動を始めたきっかけや、大阪マラソン「7色応援スタイル」について、そしてジャスト・ギビングなどについてトークをしました。
PB241588.JPG

チャリティーブース「スペシャルオリンピックス日本」コーナーでは、理事長の有森もボランティアスタッフと一緒にチャリティーを呼びかけました。
PB241570.JPG

PB241572.JPG

2012年11月27日

第1回富士山マラソン

スタッフの大塚です。

過去36回の歴史ある河口湖日刊スポーツマラソンが、名称やコースを改めて「富士山マラソン」として、25日(日)に開催され、河口湖・西湖周回フルマラソンに1万2866人、河口湖一周(約18キロ)に5198人が参加し、健脚を競いました。大会は、来年の富士山の世界遺産登録に向けて、国際的な大会にしようと規模を拡大し、33の国と地域から約400人の海外のランナーも参加しました。

有森は大会のアンバサダーとして開会式でご挨拶をしました。
137.JPG

139.JPG

フルマラソンスタート。
140.JPG

当日は好天に恵まれ、絶景の富士山を眺めながらゴールを目指すランナーを応援。
149.JPG

153.JPG

デンジャラスのノッチさんも応援。
166.JPG

171.JPG

有森と同じく、大会アンバサダーの瀬古利彦さんとトークショー。
179.JPG

表彰式ではプレゼンターを努めました。
189.JPG

ゲストの「サンプラザ中野くん」のミニライブ。
196.JPG

NPOハート・オブ・ゴールドのブースでは、有森がチャリティーサイン会を行いました。
208.JPG

グッズの売り上げは、カンボジアの対人地雷で手や足を失った犠牲者や子供たちに義足を贈るために寄付されます。
211.JPG


【大会開催に関して】
大会当日、会場周辺の交通渋滞等の理由により、多くの参加希望者がスタートに間に合わなかった事態が発生しました。当初は遅れて到着した人も順次参加させていましたが、参加者同士が交錯する危険があると判断し、途中からスタートを打ち切ったとのこと。
参加できなかったランナーの皆様、ご同行者様は、この日を楽しみに準備をされていたことと思います。今回のことは厳重に受け止め、来年は参加希望者全員がスムーズにスタートライン立てることを願います。

2012年11月28日

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2012

スタッフの大塚です。

今年の「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2012」の表彰が26日、二子玉川ライズで行われ、有森は審査員として出席しました。

スポーツ部門は、ロンドンオリンピックでメダルを獲得したフェンシング男子フルーレ団体、卓球女子団体、アーチェリー女子団体が受賞。スポーツ以外には、一般企業部門で東京スカイツリー運営チーム、芸能文化部門では冨永愛さん、土屋アンナさんのモデルチームや映画「テルマエ・ロマエ」制作チームなどが受賞しました。

フェンシング団 体銀メダリストの太田雄貴選手に有森からトロフィーの授与。
03.JPG

受賞者によるトークセッション。
06.JPG

07.JPG

最後は受賞者全員とフォトセッション。
10.JPG

「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」は、その年話題になった商品やサービス、出来事を生み出したチームを表彰するアワードです。2008年から毎年開催されており、今年で5回目。これまで最優秀賞としては、「小惑星探査機『はやぶさ』プロジェクトチーム(JAXA)」(2010年度)や、「京速コンピュータ『京』開発チーム(RIKEN)」(2011年度)が受賞しています。

Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アシックス

ヴァーム

SWANS

ハート・オブ・ゴールド



http://www.son.or.jp/

SONのエール募金


Rights_logo.jpg



http://kids.aspota.jp/

カテゴリー